排水管のつまりが原因のトイレトラブルを解決する方法

通常通りの使い方をしていても、突然トイレの水が流れなくなったり、いつもと比べて流れが悪くなるときがあります。流れてくるタンクに原因があるのかと疑いがちですが、原因は床から上にあるだけではありません。トイレの床下には排水管が通っており、この部分のつまりが原因となって水が流れなくなる可能性もあります。

■排水管のつまりが原因のトイレトラブルとは

排水管は、完全につまってしまうことは少ないです。しかし、内部に汚れがこびりついて固まってしまうと水の流れが悪くなり、つまりやすくなります。流した後にトイレットペーパーが残ったり浮いてきたりするなど、水の流れがよくないと思ったら、一度水だけで流してみましょう。
水だけを流してすんなり流れるときは、排水管がつまっていると疑いましょう。管内にこびりついた汚れが固まり、ものが流れない状態となっています。

■排水管のつまりを解決する方法

自分で解決する方法と業者に依頼する方法の2つがあります。自分で解決できるのは、軽度のつまりに限られます。まず専用の洗浄剤を注いで1時間から一晩程度放置し、ぬるま湯を流して様子を見ます。それで効果が現れなかったら、業者に依頼すると良いでしょう。
業者に依頼した場合は、高圧洗浄機など専用の器具を使って排水管内部を洗浄してくれます。このとき排水管 水漏れがないか、同時にチェックしてもらうと良いでしょう。
マンションなどの集合住宅では、多くの場合、定期的に高圧洗浄を行っています。もしもマンションなどで排水管のつまりが起きた場合は、直接業者に修理依頼するのではなく、建物のオーナーか管理会社に連絡します。基本的にオーナーの所有物となる部分なので、住人が修理費用を支払うケースは少ないです。オーナーが契約している業者に修理依頼し、支払いまで行うのが一般的です。

■まとめ
排水管の清掃には専門的な知識と道具が必要です。便器の取り外しにはリスクも伴います。目視できない場所に配置してあるものですから、水のトラブルを専門に解決するプロの手に委ねるのが適した方法となります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ