タンクが原因のトイレつまりを解決する方法

タンク付きトイレは、レバーを引いて水を流す仕組みになっています。このタイプでは、レバーを引いても水が流れなかったり、流れても量が少なかったりする水のトラブルがよく見らます。水の流れが悪い状態が続くと、排泄物やトイレットペーパーが便器内や排水の汚れに絡まってしまい、つまる可能性が高くなります。

■タンクトラブルの解決方法

水が流れないときは、まず止水栓が閉まっていないか、給水管とタンクの接続部分が目詰まりしていないかチェックしてください。内部の部品が正常に作動しているかどうかの確認も必要です。フタをあけて、レバーにつながっている鎖が切れたり絡まったりしていないか、浮き球がきちんと浮いているかどうか確認しましょう。
汚れや異物などがあれば取り除き、部品が切れていたり破損しているのであれば、部品の交換が必要になります。

■トイレがつまりやすい理由

正常な使い方をしていても長年使用するうちに、便器だけでなく排水管の内部に汚れが蓄積します。便器が黄ばんでいたり悪臭がする場合には、尿石が付着していることがあります。日ごろからこまめな掃除を行い、頑固な尿石は業者にお願いして掃除してもらうと良いです。
便器には構造的につまりやすい部分があることも事実です。便器内部はS字型の構造をしており、汚物や水はS字部分を通って排水管へと押し流されます。つまりは排水管の手前、S字部分で多く発生します。目視では確認できないため、業者に連絡して正確なトラブル箇所や原因を調査してもらいましょう。

■まとめ
内部を見てもわからないときや部品交換が必要な場合は、業者に依頼した方が早く確実に解決できます。フタを開ける際に落としてしまい、便器が割れてしまうケースもあります。自信がないときはタンク内の確認も含め、最初から業者に依頼することが賢明です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ