トイレのつまりと排水管の水漏れの関係

トイレに限らず水を使う場所には必ず給水管と排水管の2つが通っています。給水管はきれいな水が流れており、家の隅々まで水が届くよう内部に圧力がかかっているのでつまりにくいのに対し、排水管は汚水が流れるうえ内部に圧力がかかっていないため、つまることがよくあります。ただし場所により流したものがはっきりしているので、つまった原因の特定は比較的容易です。

■つまりは排水管 水漏れの原因になる

排水管 水漏れは接合部の緩みや劣化、パイプ自体の劣化や破損などが原因で起こります。つまっているところに排水を流すとパイプが重さや衝撃に耐えられなくなり、接合部から水漏れを起こしたり、パイプ自体が破損することもあります。排水管がつまっていても、外側からは確認することはできません。地中で排水管 水漏れが起こっていても、汚水は地中にしみ出していき、水道メーターが上がるわけでもないため発見しづらいでしょう。トイレの流れが悪いため業者に修理を依頼したら地中の排水管の破損がわかった、というケースもあります。

■つまりが原因の排水管 水漏れを解決するには

トイレの床下で排水管のつまりや水漏れが発生したときは、便器を取り外す必要があるので、自分で直すことは難しいです。この場合には、業者に依頼して排水管を洗浄、交換してもらう必要があります。
排水管 水漏れが地中や二階以上で起こったときは、地面を掘り起こしたり天井を張り替えたりなど工事は大がかりになります。排水管 水漏れは気づきにくく被害が大きくなりやすいので、予防に努めるとともに水の流れがいつもと違うなど予兆を見逃さないことが大切になってきます。築年数が経過している場合には、業者に点検してもらうのもよいでしょう。

■まとめ
排水管 水漏れの修理費用はトラブル発生の箇所により大きく異なります。事前に見積もりをとり、説明に納得してから修理を依頼することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ